2013年11月10日

彼のこと(1)

大天使ミカエルの名を戴く、美しく優しい戦士
マイケル・ジャクソンのうたとの出会い


彼ほど知っている人と、そうではない人の認識差が酷い人もそういないんだろうと思う。

マイケル・ジャクソンは私にとって、ずっと、何の関心もないアーティストだった。

80年代のThrillerのブレークで知り、Beat It、BADのヒットが続いた。まわりには、Thrillerを踊って遊んでる男の子がいたりしたけど、派手な音楽は私の趣味では全くなかったし、もともと流行(はやり)モノに胡散臭さを感じていた私にとって、それはどうでもいいことだった。

時はバブル。大人たちの狂乱、カネが乱舞する世の中を、傍観者として眺めていた子供の私にとって、マイケル・ジャクソンもその一部、流行と快楽を追求する馬鹿騒ぎの一部に見えた。

だから私の中のマイケル・ジャクソンはずっと、Thriller、Beat It、BADで止まってた。幼児への性犯罪、エルビスプレスリーの娘との電撃結婚。自宅のネバー・ランドは頭がおかしいんじゃないかと思った。突然報じられたラストコンサートの計画、それを目前にした突然死。それも私にはどうでもいいことだった。ただ、年々変わっていく容姿は不思議だった。それが怖くて。


転機は、友達に連れて行かれた The IMMOTAL WORLD TOUR だった。それも、私にとってはマイケル・ジャクソンはどうでもよくて、シルクドソレイユ目当てでOKした。当日も、興味はもっぱら美しい衣装とパフォーマンス。流れる歌のほとんどは知らず、ファンなら絶対見逃さないSmooth Criminalの間奏中は、バッグの中の飲み物を探していた。で、、、、ゼログラビティは見逃した。

ただ、幼いマイケルの清らかな歌声と、いくつかの印象的なフレーズ・メロディーラインが頭に焼きついた。

そのときはそれでおしまい。けど、その後、偶然インターネットで目にした、歌詞つき動画に驚愕。強烈に残っていたメロディーライン。They Don't Care About US。タイトルだけで、意味がわかった気がした。90年代の曲。けど、20年たった今こそ重要なメッセージ。


以来、熱に浮かされたように、マイケル・ジャクソンに取りつかれてる。調べるほどに知らないことを恥じ、無知を怖いと思う。The IMMOTAL WORLD TOURの、とき激しく、ときに軽快で、ときに優しい歌は、すべて彼の曲だった。これだけの曲を生む、彼の知性・教養・人間性の高さ、幅の広さ。背後に壮絶な人生をせおって、それでも、彼は痛々しいほど戦っていた。歌は全霊をかけて送ったすべての人へのメッセージだった。これを、私が、曲が発表された当時にリアルタイムで聞いてても、到底受け取れなかったと思う。

それを美しい曲と、誰にもまねのできないダンスで包んで、彼は世界に送っていた。アーティストとしても一流の彼は、哲学者であり、戦士であり、そしてメッセンジャーだった。

彼の死後、同じような思いを抱いている人はインターネット上に多数いることがわかった。こうした人の存在は偶然ではないと思う。歌には様々なレトリックが駆使され、解釈は人により異なる。アーティストはわざと、解釈の余地を残して曲をつくるのだ。だから、受け取ったメッセージはその人の今の鏡だと思ってる。英語は得意ではないけれど、自分の今を総動員して、彼のメッセージを読み解いて見たいと思う。

なお、このブログに記載しているものは、あくまで私の解釈である。他の解釈もあると思う。彼の送ってくるメッセージは、受け取る人の背景や状況によって異なるのだと思う。大切なことは違いにこだわってしまうよりも、共通する、彼が送りたかったメッセージを汲み取って、活かしていくことだと思う。あなたのために、わたしのために。

(更新 2013-11-10 22:35:11)
(初版 2013-05-30 11:53:22)
posted by LightWing at 23:36| Comment(3) | TrackBack(0) | Michael Jackson | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。