2013年07月23日

Dangerous(1991年)

平穏な愛を捨てて、破滅する男の歌。歌われてるモチーフはダーティ・ダイアナによく似ている。

マイケル・ジャクソンの曲は全部男目線。女の心は歌われない。この女も、全く人格はわからない。どんな背景があるのかも、どうしてそんなことするのかも。彼もわかりたくないのかもしれない。けどその割りに、何か惹かれるものがあのか、それとも、自分のアイドル性とかセクシーさを演出するためのなのか、こういう歌、ちょこちょこ歌ってる。心情が理解しにくいので、とても訳しにくい、、、。

The way she came into the place, I knew right then and there
その女が入ってくる様子で、俺にはわかった
There was something different about this girl
この女、何か違う

The way she moved her hair, her face, her lines
Divinity in motion
髪、顔、体、その動きは神々しく

As she stalked the room I could feel the aura of her presence
部屋を歩けば、存在にオーラを感じ
Every head turned feeling passion and lust
情熱と欲望で皆振り返る

The girl was persuasive, The girl I could not trust
誘惑されずにいられぬ女、信用してはならない女
The girl's bad, The girl's dangerous
この女、ヤバイ、この女、危険

I never knew but I was walking the line
気づかなかった、けど、俺はもう、危険な道を辿ってた。
Come go with me, I said I have no time
「一緒に来て」、時間がないと俺は言ったのに
And don't you pretend we didn't talk on the phone
「電話で話したのに、知らないふりしないで」、と
My baby cried, She left me standing alone
俺の大切な人は泣き叫び、俺をひとり残して去った

She's so dangerous, The Girl is so dangerous
彼女はとても危険、この女、とても危険
Take away my money, throw away my time
カネを奪い、時間を奪い、
You can call me Honey
お前は俺を恋人と呼ぶ
But you're no damn good for me
でもいいことなんか何もない

She came at me in sections with the eyes of desire
欲望に駆られたまなざしで、彼女は俺の許(もと)を訪れた
I fell trapped into her web of sin
俺は罠に落ち、罪という彼女の蜘蛛の巣に絡めとられた
A touch, a kiss, a whisper of love
触れて、口づけて、愛を囁いて
I was at the point of no return
引き返せないところに俺はいた

Deep in the darkness of passion's insanity
情熱の狂気という闇の奥底
I felt taken by lust's strange inhumanity
初めて知る欲望の冷酷さに俺は酔った

This girl was persuasive, the girl I could not trust
誘惑されずにいられぬ女、信用してはならない女
The girl's bad, The girl's dangerous
この女、ヤバイ、この女、危険

I never knew but I was living in vain
気づかなかった、けど、俺は、もう人生駄目にしていた
She called my house, She said you knew my name
彼女は俺の家に電話していった、「私の名前を知ってるわよね」
And don't you pretend you never did me before
「私としたこと、なかったふりしないで」、と
With tear in her eyes, my baby walked out the door
俺の大切な人は涙を浮かべ、ドアの外へと歩み去った

She's so dangerous, The Girl is so dangerous
彼女はとても危険、この女、とても危険
Take away my money, throw away my time
カネを奪い、時間を奪い、
You can call me Honey
お前は俺を恋人と呼ぶ
But you're no damn good for me
でもいいことなんか何もない

Dangerous, The girl is so dangerous
危険、この女、とても危険
I have to prey to God 'Cause I know how lust can blind
欲望の盲目さを知って、俺は神に祈りたい
It's a passion in my soul
俺の心の底からの叫び
But you're no damin lover, friend of mine
お前は俺の恋人なんかじゃない、友達なんかじゃない

I can not sleep alone tonight
今夜は独り眠れない
My baby left me here tonigh
僕の大切な人は今夜はいない
I cannot cope 'til it's all right
それが解決しないと抗えない
You and your manipulation, you hurt my baby
お前とお前の汚いやり口、お前は俺の大切な人を傷つけた

And then it happened
そしてそれは起きた
She touched me for the lips of a strange woman
彼女の唇が俺に触れた、初めて知る女の唇
Drop as a honeycomb and her mouth was smoother then oil
蜂蜜のような雫、オイルよりも滑らかな唇
But her inner spirit and words were as sharp as a two-edged sword
彼女の心は、諸刃の剣のように鋭かったというのに
But I loved it 'Cause it's dangerous
でも危険だからこそ、俺はそれに心惹かれた

She's so dangerous, The girl is so dangerous
Take away my money, throw away my time
You can call me Honey
But you're no damn good for me

(繰返し)

Dangerous, The girl is so dangerous
I have to prey to God 'Cause I know how lust can blind
It's a passion in my soul
But you're no damin lover, friend of mine


アルバムのタイトルにもなっている曲。ツアーでもずっと歌ってた。ヤバイところに手をだしちゃった、そいういうことか。そうなのかもしれない。

怖いから惹かれる、危険だから惹かれる。愛の対極の危険な衝動。囁くようなトーンのモノローグをふんだんに盛り込んで醸し出しているのは、人間の業、というやつなのか。男の性(さが)というやつなのか。これも一つの人間の姿。

Dengerousはかなりメッセージ性のある作品。ツアーも、アルバムも。同時に音楽も体力も一番脂の乗り切ったピークといわれてるらしい。けど、その絶頂期を、この後彼は、不毛な戦いに費やすんだと思うと複雑。

I never knew but I was walking the line. 彼の運命ってどこからあの最後に続いていたんだろうと思うと、ちょっと悲しい。
posted by LightWing at 19:07 | TrackBack(0) | Dangerous | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/370063482
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。