2013年07月01日

JAM(1991年)追記

本編はこちら

JAMの歌詞カードの対訳は「集中」。
詰め込む、からの類推だろうなと思う。わからないでもないけれど、、、。
翻訳者の方、よほど困ったんだろうというのが伝わってくる。

でもわれわれと違ってプロなのに。
レコード会社も米国の事務所に少し確認すればよかったのではないかとも思う。

結局、これだけの渾身の力を注いだ力作にも
その言葉にこもったメッセージを、誠実に伝えようというモチベーションは
もたれなかった、ということなんだろう。

レコード会社にとっては単なる消耗品扱いなのか。
それとも、音楽における歌詞の位置づけが低かったのか。

とても残念なことだと思う。

もし、きちんと伝えられていたら、
もう少し早く彼のメッセージを受け取れる人が増えたかもしれない。
誤解も少しは和らいだかもしれない。。

でももう言っても仕方の無いこと、
自分で一つ一つ丁寧に読み解いていくしかないのだろう。
結果を公開しておけば、
次の人が、また理解を進めてくれるかもしれない。

そう思いながら。
posted by LightWing at 14:23| Michael Jackson | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。